美容マジック

美容と健康の情報ブログ
<< ヒアルロン酸 のこと | main | ビタミンB群 の関する覚え書き >>
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
ビタミンA の関連情報

毎日忙しいとどうしても気になるもののひとつに、ビタミンAがあります。なんだかんだ言っても、ビタミンAの噂や情報はしっかりとチェックしておきたいものですよね。きょうはビタミンAについて書いてみますね。

「最近、目が疲れているな」「肌が荒れてきた」など医者にかかるほどでもないけれど改善したい症状がある場合、サプリメントを飲んで様子を見ようという人もいると思います。
目や皮膚に関する症状、具体的には光をまぶしく感じ暗いところで視点が合いづらい、目が乾く、髪がぱさつく、肌がかさつく、爪がもろくなってきた、などの症状があらわれたときは、ビタミンAが不足していると考えられます。
目の網膜にあるロドプシンという物質の主成分がビタミンAで、光の明暗や色を識別する働きがあります。
また皮膚や内臓の上皮組織を生成し、粘膜を健康に保つ働きをするのもビタミンAです。
そのため、ビタミンAが不足すると上皮組織の表面が固く潤いのない状態になってしまいます。
ビタミンA不足が消化器系まで至ってしまうと慢性の下痢や、気管に至ると風邪を引きやすくなります。
また粘膜は病原菌を体に入れないよう阻止する役割も果たしているので、ビタミンAが不足して上皮組織が良好に保たれていないとガン発生のリスクも高まってしまいます。
目の健康、皮膚の健康、またガンを予防するためにも、ビタミンAが不足しないよう心がけたいものです。
ビタミンAはサプリメントに頼らず食品からも摂りやすい栄養素です。
一日に必要な所要量は、うなぎの蒲焼(1/2串)や豚レバー(45g)、にんじん(1/5本)を摂取することで満たされます。
ビタミンAには動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるβカロチンとがありますが、脂溶性のレチノールは過剰に摂取すると気分が悪くなることがあります。
水溶性のβカロチンは過剰摂取の心配はありません。
どちらかに偏ることなく、レチノールもβカロチンもバランスよく摂ることが大切です。


ビタミンAに関するサイトとブログ情報です。
ビタミンAに関心のある方は、しっかりと情報収集を行いたいものです。雑誌やネットの情報から、ビタミンAにの情報をしっかりとみておきましょう。以下に掲載したものは「ビタミンA」で当サイトの管理人が検索して出たものを厳選してご紹介しています。URLも記していますので、ご参考になさってください。

ビタミン・ミネラル成分ガイド|ビタミンA
ビタミンAは皮膚、角膜、消化器、呼吸器などの粘膜に関わっており、不足すると粘膜が乾燥して傷つきやすくなり、肌がかさついたり、目が乾いたり、視力が低下したり、下痢をしたり、 ... ビタミンAには、動物性食品に含まれる「レチノール」と、 ...
http://www.vitamin-guide.jp/cat1/

チョコラドットコム | ビタミンA
ビタミンAは、皮膚や粘膜の細胞の正常な分化を促し、粘液の産生にも関係しています。 ... ビタミンAはムチン層をつくって目の表面の角膜に涙をつなぎ留めたり、涙の量を増やしたりして目の粘膜の湿潤性を高めることで、目を乾燥から守ります ...
http://www.chocola.com/vitamin/type/

損保ジャパンのゴルフ保険
奈良の茶道教室
洋裁教室で資格取得!
太王四神記ツアー情報
HGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)タイムシェア

| ボディケアとサプリメント | 07:39 | - | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:39 | - | - | - |
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ